Laravelの初期設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

設定ファイル

Laravelの設定ファイルはapp/configフォルダ内に設定されています。フォルダ内は下記のようになっています。

2014-11-11 9-34-23

configフォルダ内には、local、packages、testingフォルダがあります。lacalはローカル環境用の設定ファイル、packagesは、パッケージ用の設定ファイル、testingはテスト用の設定ファイルを記述します。

そして、configフォルダ直下には、実行環境用の設定ファイルがずらーと並んでいます。この中で、まず設定しないといけないのが、app.phpファイルです。

下記のように修正します。

app/config/app.php

16行目:’debug’=>true,

42行目:’timezone’=>’Asia/Tokyo’,

55行目:’lacale’=>’ja’,

  • 尚、実行環境では、16行目は、絶対にtrueにしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">