インストール

Composerのインストール

Laravelはパッケージの依存管理にComposer*を活用していますので、Laravelをインストールする前にComposerをインストールします。Windowsをご使用の場合は、下記のWindowsインストーラーを使用してください。

Composerのインストール方法は、Windows徒然草のページで詳細にご紹介しています。

Laravelのインストール

Laravelインストーラーによるインストール

MacやLinuxをご利用の場合は、Laravelインストーラーによるインストールが簡単です。

 composer create-projectによるインストール

今まで同様composerのcreate-projectコマンドによるインストールもできます。

尚、日本語版のLaravelをインストールする場合は、下記のように入力してください。

 

開発環境について

サーバー要件

Laravel4.1迄は、はPHP5.3.7以上が動作要件でしたが、Laravel4.2からはPHP5.4以上が動作要件に変更になりました。

  • PHPバージョン5.4以上
  • mycrypt PHP拡張
  • mbstring PHP拡張

ローカル開発環境

  • XAMPP(XAMPP for Windows)

ローカル開発環境で、割と簡単に導入できるのが、XAMPPによる開発環境の準備です。XAMPPとは、WebサーバーのApache、データベースのMySQL、そしてPHPをセットにしたWindows用のパッケージソフトで、Mac用には、MAMPPがあります。

Windowsの導入方法は、下記のサイトをご参照ください。

  • Vagrant

最近では、Vagrantによる開発環境の準備が普及してきました。

一般的に本番環境は、Linuxサーバーで、ローカル開発環境としては、WindowsやMac(XAMPPやMAPPP)を利用するのが多いと思います。XAMPPやMAMPPはローカル開発環境を構築するのは簡単ですが、Linuxとは、フォルダ構成に異なる点が多々あります。ローカルでは動いたけれども、本番環境では、動かないなどという事が発生したりします。

そこで、本番環境とローカル開発環境を揃えることができるVagrantに注目が集まっています。

  • Homestead

 Laravelでは、Laravelの開発用にHomesteadというVagrant Boxを用意しています。

Laravel Homesteadに関しては、Laravel4初心者講座で詳細にご紹介していますので、下記をご参照ください。

  1. イントロダクション
  2. パッケージされているソフトウエア
  3. Virtual BoxとVagrantのインストール
  4. HomesteadリポジトリのクローンとSSHキーの作成
  5. Homestead.yamlの編集
  6. Vagrant Boxの起動
  7. Homesteadの使用方法
  8. HomesteadにphpMyAdminのインストール